ラッシュガードって流行ってるんですよー

ラッシュガードって知ってますか?

ラッシュガードとは主にサーフィン、ウィンドサーフィン、ウェイクボード、ボディボード、ジェットスキーなどのマリンスポーツのときに着用するウェアのことです

そうは言われても、は?っていう人もいると思うんです

ウィキペデアで調べてみました

主としてサーフィンに用いられる、低温、紫外線、擦過傷、あるいはクラゲ等の有害生物から身体を保護することを目的とした水着である。ウエットスーツの内側に着用されることが多く、また有害生物が内部に侵入することを防ぐため、伸縮性の生地を用い、身体に密着するようになっている。形態は男性用、女性用ともほぼ同じで、上半身は着丈の比較的長い長袖あるいは半袖、下半身はショーツ型である。素材としては身体の保護性能を高めるため、他の水着よりは厚く、目の詰まった素材が用いられることが多い。形態・素材の点で従来の水着と若干異なるため、商品としては水着とは区別して販売される傾向にあるが、用途や基本的な構造等の点では実質的に水着そのものである。

・・・・・・・・・・・・ウィキペディアより


ラッシュガードってサーフィンからきてるんですねー
ウエットスーツの中に着るみたいです

ラッシュガードは実は、流行ってるんです!!
ラッシュガードってゆう名前が良いじゃないですかーー

それで流行ったのではないでしょうが、ラッシュガードとゆう名前で結構売っていて、流行っています

ラッシュガードはナイロンにライクラ(LYCRA)と呼ばれる非常に伸縮性のいいポリエステルの1種を編みこんで作られており、体にぴったりとフィットします

ラッシュガードのポイントはここ、体にフィットする、っていうことみたいですよ!

ラッシュガードは夏場のマリンスポーツ時にウェットスーツはちょっと暑苦しい・・・というときなどにTシャツ感覚で気軽に着用することのできるスポーツウェアです

なるほど、この着方なんですねーー

確かに、ウェットスーツってとっても重いですし、ごわごわしますから、サーフィンするときでもあまり着たくないのかもしれませんよねーー

それで大流行なのかもしれませんねーラッシュガード

ウエットスーツの中に着るものでしょうけれど、とりあえずそれだけ着るのが今のスタイルなのでしょうか

ラッシュガードには保温効果があり、海水に長時間つかっていても体温が下がりにくくなります

スイミングクラブやフィットネスクラブのプールで泳ぐときにもラッシュガードは重宝します

また、ダイビングのスウェットスーツの下に着てもいいし、スキーやスノーボードの時にウェアの下に着ても保温効果を発揮します


ウエットスーツほどごわごわしなくてしかも簡単お気軽・・・

ラッシュガードにはそんな魅力があるんでしょうか


| サーフィン生まれのラッシュガード
Ads by Google
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。